読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

岡田武史というリーダー/二宮寿朗

 

岡田武史というリーダー (ベスト新書)

岡田武史というリーダー (ベスト新書)

 

 

 元々、スポニチのマリノス番の記者で、Numberの編集部を経て、スポーツライターをされている方の、南アW杯の成功を経ての、岡田監督礼賛の本です。

 ワタクシ自身、南アW杯での成果がうれしくない訳ではないのですが、直前の豹変もあって釈然としないモノを今でも持っているので、岡田監督への見方も自然とキビシイところがあるので、この本に書かれていることには、なるほど…と思いつつも心底からナットクできないところはあります。

 とは言いながら、岡田監督が、W杯に置いて結果を残すために、かなり高いレベルでのビジョンを持ち、それに向けて、精緻な施策を講じた結果の成果だったということで、こういう「鳥の目」も「虫の目」も持ち合わせる稀有な人材だったということがうかがえます。

 そういう大局観を持っていたからこそ、批判を恐れずに方向転換をできたという部分もあったでしょうし、揺らぐことなく信念を貫いた姿勢も見事ですよね…それでも、積極的に支持しようとは思わないのですが…