読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

逆境を笑え/川崎宗則

 

 

 ソフトバンクやWBC日本代表での活躍を思い起こすと、アメリカでは随分ヒドい扱いを受けているなあ…と多くの野球ファンが思っているに違いないのですが、本人はあくまでも前向きに明るくプレーする川崎選手の自叙伝です。

 メジャーでの苦闘については、最初の方で触れているだけで、あんまり深くは語っていないのですが、とにかく野球ができる、そのこと自体が楽しくてしょうがない…そのことを思えば、つまらないプライドを振りかざすなんて思いもよらない、みたいにおっしゃいます。

 それにしても日本を代表するスタープレイヤーだったにも関わらず、高校を出たばっかりの、右も左もわからない若いプレイヤーに交じって、それでも野球を懸命に「楽しむ」その姿を見ているからこそ、メジャーとマイナーを行き来する選手にも関わらず、あれだけ選手たちやファンにも敬意を持たれて、愛されるのでしょう。

 確かに、それはそれでまばゆいのですが、せめて引退するまでに、その熱意と才能に見合うだけの活躍の場を得てほしいものです。