読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子と鉄道/酒井順子

 

女子と鉄道 (光文社文庫)

女子と鉄道 (光文社文庫)

 

 

 「負け犬」として名を馳せた酒井さんですが、実は「鉄子」の草分けとしても知られているそうで、酒井さん自身が敬愛する、鉄道を中心とした紀行作家の宮脇俊三さんを倣って、「乗り鉄」としての活動ぶりを語られます。

 ワタクシ自身も、かつて熱心な「乗り鉄」で、宮脇さんの本も数多く読んでいました。

 そういう先入観があるからなのかもしれませんが、この本の酒井さんは、かつての宮脇さんの紀行文を思い起こさせるような、抑えたトーンで語られていて、いつもとは一味違います。

 ただ単に「乗り鉄」としての紀行文だけではなく、痴漢の問題や「鉄子」ならではの困難など、酒井さんならではのトピックもあり、あまり「鉄分」の多く無い人でも楽しく読めるのではないでしょうか…