読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

独裁者の最強スピーチ術/川上徹也

 

独裁者の最強スピーチ術 (星海社新書)

独裁者の最強スピーチ術 (星海社新書)

 

 

 久々に川上さんの本なんですが、以前『あの演説はなぜ人を動かしたのか』と言う本を紹介しましたが、この本はその凝縮版と言うか、エッセンスを独裁者の演説に絞って紹介されています。

 その「独裁者」として、ヒトラー橋下徹を取り上げておられるのですが、ヒトラーについては前著でも紹介しようとしたそうなのですが、ヒトラーを礼賛しているように受け取られることを恐れた編集部の意向を受けて、取り上げなかったということなのですが、あまりにも典型的で強力なので、敢えて今回前面フィーチャーで取り上げられたということです。

 そのスピーチ術のエッセンスというのが、「ストーリーの黄金律」を活用するということなのですが、その「黄金律」というのは、前著を取り上げた時にも紹介しましたが、重要なのでもう一度紹介しておきますと、

 1.何かが欠落した、もしくは欠落させられた主人公が、
 2.なんとしてもやりとげようとする遠く険しい目標・ゴールを目指して
 3.数多くの障害・葛藤・敵対するものに立ち向かっていく。

と言うことなんだそうです。
 
 さらには、その自分の取組みを、短く強いインパクトのあるフレーズにして、それを繰り返すことで、聞き手に「刷り込む」ことだといいます。

 具体的なヒトラーの演説を、そういう観点で振り返ると、恐ろしいほど、このルールに則っており、そういう効用を知った上で活用していたことを紹介されています。

 また、大阪府知事を辞職して、大阪市長選に臨む時期の橋下氏のスピーチについても取り上げられていますが、あのまま「大阪都構想」の実現に向けて歩き出していたら、どうなっていたか恐ろしい気がしました…