読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまくいかないときの心理術/古田敦也

 

うまくいかないときの心理術 (PHP新書)
 

 

 おお!とうとう古田さんも、自己啓発本に進出か!?とタイトルを見て色めきだったのですが、内容は100%野球の話でした…まあ、それはそれで面白いからいいんですけど…

 前書きで古田さんがご自身を評価して、大して才能もないのにプロとして成功を収めることができたのは、「心理術」ゆえだとおっしゃいます。

 プロに入った当初、バッティングの技術の不足を痛感し、それを伸ばすために、当時の主軸の広澤選手や池山選手に、ホメながらアドバイスを引き出すところなど、古田さんらしいなあ…と思わされます。

 本編の冒頭で、一流とそうでない人を分ける決定的な要素として、変化を嫌わない人かどうか、だということを指摘されています。

 そういう風に、変化に応じて、対応法を考えに考え抜いてきたからこその成果だったんだなあ、ということで、内容は野球なんですが、野球をしているんじゃない人でも、そこから何らかの教訓をえられるんじゃないかと思います。