読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

税務署は見ている/飯田真弓

 

税務署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

税務署は見ている。 (日経プレミアシリーズ)

 

 

 税務職の初級国家公務員の女性の第一期生として、税務調査官をされていた方の、税務署からの観点の本で、冒頭で節税なんかのヒントはありません、と断られています。

 ただ、あくまで健全な経理をしている会社に限った話ですが、痛くもないハラを探られないためのヒントが満載です。

 というのも、税務調査というと必要以上に身構えてしまって、却ってそれが調査官から見て、怪しさ満点になってしまって、無用な深いツッコミをうけてしまう可能性があるようです。

 特に、

  「そんな昔のことは覚えていない」
  「細かい数字は経理と税理士に任せている」
  「勝手に調べてくれ」

といったセリフは、調査官の職業意識に火をつけてしまって危険だということです。

 とにかく、あんまり経理の数字ばかりに意識を集中させるのではなく、会社の事業目的に向かって、公明正大にやっていれば、決して税務署は「敵」ではないんだ、ということらしいです。