読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自壊する帝国/佐藤優

 

自壊する帝国 (新潮文庫)

自壊する帝国 (新潮文庫)

 

 

 「知の怪人」佐藤優さんが外交官としてモスクワに勤務されていた際に目の当たりにした、ソビエト連邦の崩壊について語ります。

 でもどっちかというと佐藤さん自身のモスクワ駐在時代のクロニクルといった感じなのですが、それが次第にソビエト連邦そのものにつながっていきます。

 読んでの率直な感想は「日本の外交官ってここまでやるのか!?」ということで、イメージ的には諜報員や工作員のやりそうなことまでこなしていたことに、かなり驚きました。

 というのも、当時ソビエト連邦からの独立を目指していた、リトアニアラトビアの運動家らとの交際や、政権中枢の側近との交際など、佐藤さんご自身の能力もあったのでしょうが、まだそれほどのキャリアを積んでいないはずの一外交官にここまでやらせる度量があるのか…ということで、ちょっと外務省への見方が変わりました。

 で、「自壊」ということなのですが、冒頭でクーデターの様子が描かれているのですが、その中でソビエト連邦の官僚と日本の外交官との相似性について指摘されていて、ある意味日本の外務省も「自壊」する恐れを感じられているのでしょうか?