読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉/諸富祥彦

 

『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉 (ワニ文庫)

『夜と霧』ビクトール・フランクルの言葉 (ワニ文庫)

 

 

 精神科医であるビクトール・フランクルによる、ユダヤ人強制収容所での体験を描いた『夜と霧』を読むつもりが、図書館のHPから予約してみると、間違えて、そのエッセンスを抽出した本を手に取ってしまいました。

 「エッセンス」なんで、もちろんフランクルの世界を味わうことはできるのですが、ちょっとこういう「ひっかけ」みたいなタイトル、勘弁して欲しい…

 ということで、実際のレビューは『夜と霧』を読んだ時に、ということで、グチだけで失礼しました…