読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

通訳日記/矢野大輔

 

 

 ザッケローニサッカー日本代表監督の在任中、通訳を務められていた方の、通訳在任中に書かれていた日記を集めた本ということです。

 元々、出版を意識して日記を書かれていたわけではないということと、出版が決まった後もそんなに大きく手を入れたような感じでもないので、激動の日々を追ったモノの割には淡々としたトーンで進んでいきます。

 とは言いながら、ザッケローニ監督が目を付けた選手の実名がパラパラ出てきて、そこまで出していいの?ということもあります。

 先日、日本サッカー界で活躍した通訳の方々のインタビューを集めた本を紹介しましたが、個人的には「通訳」としての矢野さんの本音みたいなものも期待していたのですが、そういう「通訳」としての記述はほとんど見られませんでした。

 というのも、矢野さんはザッケローニ監督とホントにいい関係を築かれていたようで、かなりスムーズに通訳としての職務をこなされていたようです。

 まあ、結果としてW杯では残念な結果に終わった訳ですが、現代表の体たらくをみていると、ザッケローニ時代の美しいサッカーを憧憬する次第でした。