戦いの日本史/本郷和人

 

 

 『ざんねんな日本史』など、あまり歴史に親しみのない層に面白おかしく歴史を語る著書も数多く手掛けられている本郷センセイですが、この本は割とマジメに武士の世を語られたモノです。

 

 『京都ぎらい』の井上章一さんとの対談本である『日本史のミカタ』では、日本史学界では割と異端であることを告白されていた本郷センセイですが、この本では本郷センセイの史観の異端さを遺憾なく発揮されている気がします。

 

 この本では、武士が台頭し始めてきた源平の争乱(史学の専門的には「治承・寿永の内乱」と言うそうですが…)から秀吉と家康の間の小牧・長久手の戦いまでの各時代の特徴的な争乱を、平清盛vs源頼朝豊臣秀吉vs徳川家康といったように相対する両者を対比するといった手法で語られています。

 

 『ざんねんな日本史』を見ていると意外な気もしますが、この本を見ていると本郷センセイはかなりロジカルに歴史を語られている印象があって、通説に対して、フツーの人間の動きからするとそういう風には動かないでしょ!?といった感じで人間の生理的なモノに鑑みて、ありうべき動きを語られるということもあって、割と現代のワタクシたちにとっても理解しやすい所があります。

 

 まあ、人間というのは必ずしも合理的に行動するかというと、そうでもないことも少なからずあるので、すべてがすべて本郷センセイのおっしゃる通りなのかと言えば、そうとも言い難いところもあるのですが、例えば、足利義昭を冷たく放逐した信長が天皇を同じように扱わなかったのは、敢えてそうするまでのことは無かったまでのことであり、あと数年信長が生きていたら、天皇制が大きな危機を迎えていたのかも知れないというのは説得力があります。

 

 それに反して秀吉が天皇を丁重に扱い、そのシステムを利用したのは、方便として”使えた”からにすぎないというのもナットクが行くところです。

 

 ということで、現代の政治的な力学というのは、歴史的にも同様の作用をする可能性は高いはずで、そういう史観というのは有効性が高いんじゃないかというのは、歴史から学ぶことが多いんじゃないかというセオリーから考えても、本郷センセイの説にある程度の”理”があるのではないかという気がします。