魂の退職/稲垣えみ子

 

 

 朝日新聞社会部で「アフロ記者」として名を馳せられた名物記者である著者が、50歳にして退職された過程を紹介した本です。

 

 この方、ワタクシとほぼほぼ同年代(稲垣さんの方が少しだけ上)なので、過ごしてきた時代背景がほぼほぼ同じモノということもあって、かなり共感するところも多いワケですが、やはりバブル期の最終期に社会人経験をされているということもあって、ひと頃かなり物質主義的な生活をされてるところが目を引きます。

 

 新聞社という男性社会でかなりストレスを感じつつ会社での生活を送る中で、買い物や美食でストレスを晴らすという、バブル期育ちらしい(といいつつ、おそらく稲垣さんがそういう生活をしている時期はバブルは終焉を迎えているとは思えますが…)消費生活を送られたことを告白されていますが、高松局移動を期におカネを使わない生活に目覚め、そういった変化を期に、次第に退職へと傾いていった過程を紹介されています。

 

 やはり終身雇用にドップリつかった最後の世代としては、会社を辞めてしまうことでのその後の収入に対する不安というのはぬぐいがたいモノがあるワケで、ワタクシのような家庭持ちだけではなく、稲垣さんのようにその後、いつまで生きるかわからない生涯の糧を自前で調達するということになれば、やはり定期的に間違いなく手に入る収入というのは抗しがたい魅力なワケですが、会社の中で段々と年を取るにつれ、大多数の人にとって自己実現のようなモノが難しくなる中、できれば思ったような生活を享受したいという欲望も否定しがたいところで、多くの人が後者の意識をできるだけ気づかないフリをして、前者を優先するということになるとは思えます。

 

 そんな中で、稲垣さんは「お金をあまり使わない生活」というモノを実感したことで、退職後ミニマリスト的な著書も出版されていることでもわかるように、おカネの不安を軽減しつつ自己実現的な欲求を満たすという手段を見出したことで退職という選択をすることになっただと思われます。

 

 シングルで自分さえよければいいのでそういう選択ができるんだ、という向きもあるかもしれませんが、ホントに両立したいと思えば、そういう方法論は自ずと見出せるはずで、自己実現欲求が消し難いのであれば、それを押さえつけ続けなくてもいいんじゃないの!?という前向きな提言だったからこそ、この本はバズッたんじゃないかと思えます。