リスクを生きる/内田樹、岩田健太郎

 

 

 『日本辺境論』で知られる思想家の内田樹さんが、コロナ感染拡大防止の論陣で名を馳せた感染症の専門家である岩田健太郎さんとコロナ禍が浮き彫りにした日本社会の問題点について語られた本です。

 

 実はお二方の対談はこの前に『コロナと生きる』という本が出版されていて、コチラは第二弾だということです…(また、やってもた…)

 

 日本におけるコロナ感染拡大の直前にクルーズ船「プリンセス・ダイヤモンド」号における感染対策に乗り出しながら、あまりに杜撰な厚労省医療技官の対応をYouTubeで告発して名を馳せた岩田センセイですが、日本における権威主義的だったり、因循姑息だったりする日本社会の問題点が、コロナ禍を契機に色々と露わになってきた様子をお二方が語れているのですが、割と権威は権威で、ファクトはファクトでと切り分けてモノを考えられる西欧に対して、日本は権威を持っているモノがファクトを捻じ曲げて認識を押し付けるといったことがまかり通るようで、コロナ禍においてもファクトをストレートに露わにしていれば防げたはずの被害も、権威主義的なところが前面に出てしまったが故に、救えたはずの命が失われたという側面もあるようです。

 

 病院だけではなく、学校においてもイジメのGoサインを先生が暗に発していたというケースが多々見受けられるということにも言及されていて、日本社会の陰鬱な現実がそこかしこに現れてきていることが明確になっているようです。

 

 こういうハッキリとモノを言える人ばかりであればいいのですが、きっと大多数はそういう理不尽な仕打ちをウチに抱える人が多いはずで、より日本が内向きに陰鬱な社会になっていくのではないかと不安を覚えさせられます…