読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お金に強くなる生き方/佐藤優

 

 

 「知の怪人」佐藤さんが「お金」を語ります。

 正直ワタクシの中で佐藤さんと「お金」…というよりも蓄財法みたいな話が結びつかなかったので、どんなことを書かれているのかに興味があったのですが、おそらく多く
の人が期待されるような、インテリジェンス的なお金持ちになる方法みたいな内容ではありません。

 外交官生活の中で、大統領から底辺を生きる人たちまでの生活を目の当たりにしてきた佐藤さんだからこそ言える、お金への対処の仕方ともいえる内容で、「お金に強くなる」ということは、如何にお金の魔力に惑わされずに済むか、ということなんじゃないかな、と思います。

 だからこそ、お金を殖やすもしくは、いたずらに減らさないということについては、正直地道でオモシロくない、真っ当なことを書かれています。

 一番興味深かったのは、親しい間でおカネが絡んだ時の対処法で、どうすれば関係を損なわずに済むか、ということについて言及されているところです。

 おカネのやり取りと言うのは、人間の本性が一番如実に現れやすいところなので、もうちょっとそういう部分を深掘りした続編みたいなものを読んでみたい気もしました。

 

 

「できる人」という幻想/常見陽平

 

 

 若い人の「自分探し」みたいなトピックで多くの著作を持つ常見さんの著書です。

 最近自己啓発本が若い人の間で人気を博していて、ワタクシ自身(最早、若い人ではありませんが…)も、そんな本を中心にこのブログを回しているワケですが、そんなモノが取り上げる人物像ってホントにいるのか?と言うモノです。

 第1章で、入社式の訓示の話が出てきますが、こんな人材になって欲しいといった感じの話をすることが通例のようですが、じゃあそんな人材がそこの会社にいるの?というと、正直無いモノねだりっぽいことが多いようで、今までそんな人材を育ててこれなくて、何の経験もない新入社員にそうなって欲しいってのは、ムシがよくありませんか?ということで、ちょっと滑稽な感じがしますよね!?

 同じく、メディアなどが取り上げる「グローバル人材」や「起業家」について取り上げて、そんなにカッコいいもんじゃないでしょ…ということで地に足の着いた、海外で活躍するビジネスパーソン、ひと頃は起業家のアイコンとも言える存在であった、リクルート創業者の江副浩正さんの毀誉褒貶についても取り上げられます。

 如何にイメージに振り回されて、それを元に「自分探し」をしてしまうことが虚しいことかということを語られているように思えます。

 

 

「ご指名社員」の仕事術/柳内啓司

 

 

 先日、『人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方』を紹介した柳内さんの著書を再び手に取ってみました。

 柳内さんはこれからの時代に一生使えるスキルとして「指名される技術」を挙げられており、そのことで自分のスキルを活かせたり、またそれを磨いていくことができるということです。

 ただITや英語のスキルをつけても、それを周囲に認知してもらわなければ、全くお宝の持ち腐れということになるということで、如何に自分を周囲に「売り込む」か?という技術について取り上げられています。

 だからと言ってやたらと相手に取り入ったり、アピールをしたりということではなくて、付き合っていてキモチがいい人柄だったり、モチロン相手に取って貢献してもらえるスキルがあったりということで、相手の役に立つヤツだと思ってもらえるようにするということのようです。

 当然遂行するスキルも重要なのですが、柳内さんは「気遣い」の部分をかなり重視しておられて、如何に周囲とのコミュニケーションを円滑に図ることで自分を活かす場を作るか、ということを強調されています。

 アイツよりオレの方がスキルがあるのに…と腐りかけている人は、是非ご一読のほどを!

 

南海ホークスがあったころ/永井良和、橋爪紳也

 

 

 スタジアムとファンを中心にプロ野球を語ると冒頭で宣言していますが、最後はかなりグダグダになって、単なる南海ホークスの元ファンの大学のセンセイが好き勝手に語るといった感じで、せっかくの切り口が秀逸なのに残念です。

 でも、部分的に大阪での動向で知らなかった興味深いことが語られて時折、興味を引くのですが、これだけの素材を得ながら、まあ語り口のオモシロくないこと…だれかプロのライターの方、このネタで書き直してもらえませんかね…

 

はじめての「アンガーマネジメント」実践ブック/安藤俊介

 

 

 以前『「怒り」のマネジメント術 できる人ほどイライラしない (朝日新書)』をこのブログで紹介したのですが、その内容に感銘を受けたので、再び安藤さんの本を手に取ってみました。

 「怒り」をコントロールすることについて様々な本が出版されていますが、宗教家の方が書かれていたりするように、精神論的なモノが多いんじゃないかと、安藤さんはこ
の本の中で指摘されていますが、安藤さんが提唱するアンガーマネジメントはアメリカで始められた科学的に「怒り」をマネジメントする手法だということです。

 必ずしも「怒り」の感情を持つこと、またそれを表に出すこと自体を否定するのではなくて、意図しないカタチで「怒り」を表す/表さない、ということを避けるということ
なんだそうです。

 この本は「実践ブック」ということで、元々その人のキャラからくる、どんな場面で「怒り」の感情を抱きやすいのか、ということを知って、それに対して自身のコントロールをしたいり、周りの人が起こっている状態に対してうまく対処する、という方法論について紹介されています。

 「怒り」の感情もトレーニングすることによってうまく「管理」できるようになるということで、「怒り」で問題を起こしかねないという自覚のある人は、是非トライしてみられては如何でしょう!?

 

人生が変わる2枚目の名刺/柳内啓司

 

人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方

人生が変わる2枚目の名刺~パラレルキャリアという生き方

 

 

 先日、米倉誠一郎さんが書かれた後半だけ同じタイトルの本を紹介しましたが、その中でこの本が紹介されていたので、早速手に取ってみました。

 この本は、まあ言ってみれば副業に関する本なのですが、副業を勧めるというよりも、米倉さん同様、新しい「働き方」の提唱とも言える本です。

 この本では副業ありきということではなくて、自分が成し遂げたい「ミッション」みたいなものを持ち、それが本業だけで埋めきれない場合に、欠けた部分を「2枚目の名
刺」で補おうという趣旨で、本業以外の活動を勧められているということです。

 そういう意味で自分の「ミッション」を遂行するということで、しっかりと本業と副業の間に「背骨」を通しておくことで、どっちかが中途半端になることなく、むしろ相
乗効果で双方でのパフォーマンス向上を期待できるんじゃないか、と指摘されます。

 そんあことしてたら忙しくって…と思われるかもしれませんが、さらにプライベートも充実させなければ、本業・副業双方の充実もありえないとか、読書などでしっかりと
インプットすることが必要だとか…なかなかのムチャ振りをされます。

 でも「ミッション」がしっかりしていたら、そういうのって問題にならないんでしょうね…

 

走れば脳は強くなる/重森健太

 

走れば脳は強くなる (Business Life 8)

走れば脳は強くなる (Business Life 8)

 

 

 リハビリを専門にされている大学のセンセイが書かれたランニングのススメです。
 
 ランニングのススメにしては、「そこから来たか!?」と唸る絶妙な煽りですよね。
 
 ということで、走ればアタマがよくなります!だからアナタも走りましょう!以上!ということです。

 ただそれだけじゃ1冊の本を構成するのに間が持たないので、後ろ向きで走りましょうなんてことまで言ってますが、まあ、ムシしていただいていいと思います。

 ただ、朝走るか、夜走るか?食前に走るか、食後に走るか?ガツガツ走るのがいいか、ユルめに走るのがいいか?など脳の活性化につながる走り方を紹介されています。
 
 ワタクシからすると、そういう副次的なことから入るんだ…と不思議な気もしますが、とにかくそういうことでもいいから走り始めて、ハマってくれる人が増えたらいいですね!