お姫様は「幕末・明治」をどう生きたのか/河合敦

 

 

 以前紹介した『殿様は「明治」をどう生きたのか』『殿様は「明治」をどう生きたのか2』の続編的な位置づけで、お姫様バージョンがあるということで手に取ってみました。

 

 激動の時代ということで女性も時代に翻弄されることが多かったようで、お姫様たちの激動の人生を追われていますが、やはり幕末の代表的なお姫様というと、大河ドラマの主人公にもなった徳川幕府13代将軍家定夫人の篤姫と、皇室から降嫁された14代将軍夫人の和宮だと思いますが、ちゃんと紹介されています。

 

 やはり佐幕傾向の強い河合センセイだけにお姫様編でも旧幕府側のお姫様を多く取り上げられていて、篤姫和宮を始めとして「最後の将軍」慶喜正室徳川美賀子だけでなく、側室の新村信や中根幸まで紹介されています。

 

 さらには大名でも佐幕藩のお姫様を中心に取り上げられていて、その中でも最大の巨魁とも言える会津藩松平容保夫人の照姫を取り上げられています。

 

 最も時代に翻弄されたといっても過言ではない会津藩だけに、照姫も過酷な運命にさらされたようで、新撰組などで知られる京都時代は同行されなかったようですが、戊辰戦争時には鶴ヶ城で共に戦われたということで、女性たちも落ちた弾薬が爆発する前に濡れた布をかぶせて爆発を防ぐといった作戦に参加していたということで、照姫自身が直接されていたわけではないようですが、先頭に立って奮起を促していたそうです。

 

 時代に翻弄されたお姫様たちの中でも一番印象的だったのが、仙台藩のお姫様だった伊達保子の生き様で、分家の亘理伊達家に嫁がれるのですが、藩の北海道への移転に同行し、先頭に立って過酷な開拓事業に携わられ、「開拓の母」と称されるまでの貢献をされたということです。

 

 平時であれば周囲にかしずかれたはずのお姫様たちが、こういう過酷な人生を歩んだということがもう少し知られてもいいかもしれません。

「いい質問」が人を動かす/谷原誠

 

 

 交渉術や質問力に関する多くの著書をお持ちの腕利きのベテラン弁護士の方が、質問を駆使した対人スキルに関して紹介された本です。

 

 ついつい我々忘れがちなことを冒頭で指摘されているのですが、そもそも質問って、答えるのかどうかは質問された側の自由裁量であり、それだけに質問する側は、如何にして答えてもらえるかに配慮する必要があるということを指摘しておられます。

 

 そう聞くと、質問を受ける側が主導権を握っているようにも思えるのですが、質問する側の質問のやり方によって、質問する側が望んでいるような答えを引き出すような方法論もあるという強力なポテンシャルを秘めているとおっしゃいます。

 

 著者の谷岡さんは弁護士で、法廷の中でもそういう質問のスキルを駆使されているワケですが、実際の裁判の中では誘導的な質問は禁じられてはいるモノの、それでも質問された側が気付かないほど巧妙に、質問した側に有利な答えを引き出すこともできるようです。

 

 最初のそもそも論のところで、回答の選択権がある相手に対して、如何にキモチよく回答をしてもらえるかというのが、まず質問法の基本であり、詰問的な質問はまず論外であり、ビミョーに相手のプライドみたいなものをくすぐりながら、答えてもらえるスキルというモノに、ちょっと恐ろしい感じすらします。

 

 そういう質問のスキルというのは、対人的スキルのあらゆる場面で活用ができるようで、交渉はモチロン、育成という他者との対応だけではなく、自己との対話においても、自己成長を促すような質問が可能だということで、質問のスキルを身に付けることがあらゆる場面での自己成長につながるといっても過言では無いようで、対人関係もしくは自己の成長に行き詰まりを感じている人は是非、是非ご一読の程を!

ワンオペ育児/藤田結子

 

 ジェンダー論を専門とする社会学者の方が紹介する、子育てを取り巻く若いお母さん方が直面する様々な過酷な状況を紹介した本です。

 

 この本が出版されたのが2017年で、この頃は既にワタクシの周囲でも育休を取得する男性社員も出始めたり、イクメンというコトバが多く取り沙汰されるようになるなど、文字通り「ワンオペ育児」だったワタクシの頃とは随分と状況は変わってきたのかな、と思いきや、本質的にお母さんの負担を軽減する方向にはなかなか向かっていないようです。

 

 やはり多くの若手の男性サラリーマンたちは定常的に長時間労働を強いられる状況にあって、育児に携わろうと思っても時間的な制約が多かったりするという部分もありますが、イクメンとはいうモノの子どもと遊んだりするだけで本質的に世話をすることは敬遠する”なんちゃってイクメン”も少なからずいるようで、キレ気味のお母さんのエピソードが数多く紹介されます。

 

 また、保活でも相変わらず過酷な状況が続いているようで、結局育休期間のうちに保育所を見つけられずに離職を強いられるお母さんも少なからずいるようで、そういう意味での悲哀も紹介されています。

 

 そういうお母さん方へのしわ寄せの多くは、突き詰めると日本企業の子育てへの無理解に帰結する部分が多いようで、以前に比べて相当改善しているようには見えるものの、まだまだオヤジの無理解というのは抜きがたいところがあり、お母さんの時短なんかはあっても、お父さんの側が定時で帰って積極的に子育てにかかわるといったところまでは行っていないようです。

 

 そういう意味で、コロナ禍に伴う在宅勤務の拡大が、子育てにいい影響を及ぼすことも期待されますが、感染状況の改善とともに在宅勤務も退潮にあるようで…

 

 こうやって少子化が進んで行けば、企業業績にも関わるはずで、そういう観点で日本企業も育児環境の改善に取り組んで行かないと将来がない!くらいの切迫感で取り組むようにならないとヤバいはずなんですけどねぇ…

1冊読み切る読書術/齋藤孝

 

 

 これまでも、これでもか!?という程、読書術に関する本を出版されてきた齋藤センセイで、このブログでも『読書する人だけがたどり着ける場所』『大人のための読書の全技術』『本には読む順番がある』を紹介してきましたが、それでもなかなか読書習慣を定着できない人は多いようで、この本はかなり初心者よりに舵を切った内容になっています。

 

 齋藤センセイは最近教職課程で教鞭を取られているということですが、そんな学生たちでも読書習慣をつけた方がいいとわかっていながらも、なかなか定着させることができていないということで、こういう本を書かれたようです。

 

 まずは本を手に取ってもらおうという所からのモチベートということで、名作のダイジェスト版を集めた本とか、スマホにオーディオブックのソフトを入れてとか、映画やドラマの原作とか…ホンのちょっとしたことから、1冊読んだんだという成功体験を積み重ねてもらおうということのようです。

 

 さらには、目次を見てから読んで全体のイメージをつかんでから読もうとか、ドラマや映画を見てから原作を読もうとか、とにかく作者の言いたいことを把握したければ3章くらいから読めばいいとか、とにかく読み切ることができるようにするコツを色々と紹介されています。

 

 特に読書の入り口でつまずいている人は、内容の把握の部分で、読んだら大部分を把握しないといけないんじゃないかと思う人が少なからずいるようで、3割も覚えていれば十分だとか、3つココロに残ったところがあれば十分だとか、そういう意味でも心理的なハードルを下げることを強調されています。

 

 確かに、マジメに捉えることで読書のハードルが上がるくらいなら、気軽に取組んで、何か得るところがあればラッキーくらいのつもりで、ひょっとしたら人生を変えるような本に出合えるかもしれないですしね!?

僕はこう思うんだ/松岡修造

 

 

 昨日に引き続き若年層のスポーツに関する本ですが、こちらはあの松岡修造さんがスポーツが子どもの成長に果たす役割を語られた本です。

 

 この本が出版されたのは2004年で、まだ修造さんがテニスコーチとしてのスタンスで活動されていた頃だと思われますが、コーチとしての活動や、ご自身の選手としての経験、ご自身が育てられた環境や、ご自身の子育ての経験を踏まえて、子どもがスポーツに取組む意義を語られます。

 

 この頃も既に大事に大事にされて育った子どもたちが多かったようで、そういう子どもたちが自分の考えに従って自律的に行動できるようになるためにはスポーツで勝ったり負けたりして、自分なりに工夫をしてどうやったら勝てるのかを考えて行動することで、自分なりの行動をできるようになると考えておられるようで、必ずしももスポーツで身を立てるようなところまでは行かなくても、ある程度の期間、それなりの熱意でスポーツに取組むことの意義を強調されています。

 

 だからこそ、仮に多少才能があって、それなりに勝てるような立場になっても、あんまり親が期待してあれこれ言うんじゃなくて、好きなように楽しめるように、時に煮詰まった時だけ手を差し伸べるだけにしておいた方が、色んな意味でその子にとって大きな成長を促すんじゃないかとおっしゃっています。

 

 よく、体育会系の就職がいいというのは、こういう社会性の部分を評価されているところもあるはずで、トップアスリートになれれば、それはそれでいいんでしょうけど、スポーツをやり通すだけでも、かなりの意義があるはずで、温かくわが子の成長を見守っていきたいものです。

僕たちの部活動改革/神谷拓

 

 

 スポーツ教育学を専門とされていて部活動についての著書も多い方が、生徒たちが自ら部活の運営に取組む様子をストーリー仕立てで紹介された本です。

 

 最近は、生徒数が減少していることや先生方の過剰な負担が問題になっていることもあり、部活動が縮小傾向にあるようですが、そんななかで生徒たちが自ら話し合った上で役割を決め、先生にはアドバイザー的な役割でそれほど負担をかけない取組が実際に行われているようで、その内容を架空のバレー部の運営というストーリーで紹介されているというワケです。

 

 先生方の負担が減るというだけではなく、生徒たちが自分たちが望むような部活動の姿を実現することで、積極的かつ自律的な参加を促すということで、学業との両立や組織運営を学ぶといったメリットがあるようです。

 

 ワタクシ自身も部活をしていて、あてがわれた状況に参加していたというだけで、あんまり意識できていなかったのですが、部活を実際に運営して行く上で、

 ・場・環境

 ・組織・集団

 ・練習・試合

という3つの役割が必要だということで、それぞれの活動の内容を紹介されていて、そういう構造的な取組があったんだなぁ、ということが理解できます。

 

 まあ、この本で紹介しているような内容をウマく機能させるのはナマナカなことではないでしょうが、できればこういう自律的な取り組みが広がって行けば、それを経験した生徒たちの起業の取組みにもつながるんじゃないかと思えるんですけどね…

ひらめきとイノベーションの授業/慎泰俊

 

 

 ベンチャーキャピタリスト的な仕事をされている方が紹介する「アイデアの出し方」についての本です。

 

 この本は基本的に中高生とか大学生とかかなり若い世代をターゲットにしていると思われるのですが、なぜそういう若い頃から「アイデアの出し方」を学んでおくことを勧められるのかということについて、新しいものを創り出す方にならずに、そういう人に使われる仕事をする立場になると、いつその仕事がITなどに代替されることになるかも知れないから、新しいものを創り出す立場になるために必須だからなんだそうです。

 

 この本が出版されたのが2013年で、まだそれほどAIの普及が進んでいなかったにも関わらず、そういう風潮を予言されていたかのようなことをおっしゃっておられるのが印象的で、さすがはベンチャーキャピタリストだなぁ、という気がします。

 

 「アイデアの出し方」というのは実は方法論的なモノがあって、ある程度トレーニングを積んでおくことで、スキルとして身に付けることができるものだとおっしゃられています。

 

 その方法論というのは突き詰めると、まずは「苦労する」ということで、目の前のことにこれでもかという程懸命に取り組むことだとおっしゃっておられて、とことんまで突き詰めたところで「ひらめき」が置き、それを「カタチにする」ということなんだそうです。

 

 その題材としては、自分に必要でしかも好きなことであればよりよいということで、好きで必要なことに必死に取組むことで、実現のために必要となることが「ひらめ」けるということで、かなり単純なことに聞こえてしまうのですが、結局はそういう風に単純化して考えることが近道なのかも知れません。

 

 これまでもこのブログで「ひらめき」に関する本をいくつか紹介してきましたが、古典とも言えるジェームス・W・ヤングの『アイデアのつくり方』にしても、加藤昌治さんの『考具』や渡辺健介さんの『世界一やさしい問題解決の授業』にしても、その方法論を骨太な論理で、かなり少ないページ数にも関わらずもれなくムダなく網羅されているのが印象的でしたが、この本も120ページ足らずの紙幅でコンパクトながらも言い切っておられる印象があり、「アイデアを出す」というのはやはりシンプルでなくてはならないんだということを改めて痛感させられます。