愛国論/田原総一朗、百田尚樹

 

 

 右寄りの論略とされる百田尚樹さんが、どちらかというとリベラルというか左派的な発言が目立つ田原総一朗の対談ということで、バチバチのバトル!?とも思える顔合わせですが…

 

 百田さん自身も田原さんは「左翼」だと捉えていたようで、対談のオファーがあった際には、イザとなったら「やったろやんけ!?」みたいなモードだったようで、一部のトピックではそれなりのバトルもあるのですが、意外な程邂逅されているのが印象的です。

 

 特に日本軍が無謀な戦争に突入した理由としての、メディアと国民の責任と、百田さんがケント・ギルバートさんとの対談本である『いい加減に目を覚まさんかい、日本人!』でも触れられているGHQの統治下におけるいわば洗脳プログラムであるWGIP(War Guilt Information Program)で植え付けられた自虐史観については深く共鳴されているように伺えます。

 

 自虐史観との関連で、慰安婦問題に火をつけたと言われる朝日新聞による、いわゆる吉田証言と言われる強制連行の捏造については、結構意見が対立して、この本の中では比較的ヒートアップされていますが、朝日新聞の捏造の害悪については意見は一致していて、それを元に国連での非難決議が行われるなどその弊害の大きさと、それでもロクな謝罪をしようとしない朝日新聞の姿勢については大きなギモンを呈されています。

 

 特に日本のメディアは朝日新聞を筆頭として、GHQのWGIPが効きすぎたからか、どうも自国に対する愛情を感じないということについてお二方が語られていることが印象的で、プレーンにモノを見れない姿勢がまた戦前のようなミスリードを生み出してしまいかねないと危惧されています。

 

 この本が出版されたのが2014年で、ここ10年弱で随分と既存メディアの重要性が相対的にさらに低下して行っていますが、お二方がおっしゃられるような姿勢に気付いた国民が既存メディアを見捨てつつあるということなのかも知れません。

「日本国紀」の天皇論/百田尚樹、有本香

 

 

 右寄りの論客として知られる百田尚樹さんに『日本国紀』という独自の史観に基づく通史の歴史書があるそうなのですが、その本の趣旨に沿って、『日本国紀』の編集も手掛けられた有本香さんと天皇について語られた本です。

 

 小室真子さんの結婚を期に女性天皇女系天皇を認めるべきなのではないかという議論が出てきていますが、まずはこの本でそういう議論の中で特に「女系天皇」についてあまり世間では理解されていないのではないかということで、サザエさんの家族を例に取ってかなりわかりやすく説明されています。

 

 波平さんが天皇だとすると、サザエさんやカツオ、ワカメが天皇になる分には「男系天皇」ということなのですが、タラちゃんが天皇になろうとすると「女系天皇」ということになるということです。

 

 じゃあ、女系天皇の何がマズいのか!?というと、天皇家の血統について「万世一系」と言われますが、女系天皇の即位でそれが途絶えてしまうということで、世界でも経緯を集める最古の王家としての権威に傷がつくということで、遺伝形のハナシも交えて説明されていて、天皇家固有のY遺伝子が継承されなくなるということなんだそうです。

 

 前半は「万世一系」を中心に語られているのですが、後半は昭和天皇の事蹟について語られていて、天皇の神格化を問題視したGHQによってその権威を薄めるような「洗脳」によって昭和天皇の功績についてありのままに伝わっていないところがあるということで、その功績を有体に理解してもらえるよう特にアツく語られています。

 

 まずは最大の功績として、ポツダム宣言受諾の決断を挙げられていて、ご自身の処刑や天皇家の断絶も覚悟の上で、日本全体が焦土になることを阻止されたということで、当初昭和天皇の処刑を検討されていて、マッカーサー昭和天皇と会見した際、ドイツのウィルヘルム二世同様命乞いに来るのかと思っていて冷たい態度で迎えたとのことですが、昭和天皇が自分の身はどうなってもいいから国家の復興への支援を求めたということで、マッカーサーも感銘を受けて帰りは見送りに出たということです。

 

 また、終戦直後昭和天皇が慰問のために全国を回りたいとGHQに申し出た際に、轟々たる非難を浴びると思って許可したところ、圧倒的に歓迎されたのを見て慌てて中断させ、その状況を見て日本の再生には天皇を利用した方がいいと考え、ソ連、中国の反対を押し切って処刑を回避したということです。

 

 ただ、それでも天皇を神聖視することへの危惧は続いていたようで、いわゆる「人間宣言」につながるワケですが、その内容をよく見て見るとそういう趣旨は希薄だということで、天皇の神聖視による再軍国化を危惧したGHQのプロパガンダという側面の強いモノだったということです。

 

 いずれにせよ、天皇制というのはキリスト教イスラム教と同様、東日本大震災の際にも認識を新たにしたように、日本国民にとって心の拠り所であり、「千代に八千代に」続いて行って欲しいモノです。

感動する、を考える/相良敦子

 

 

 NHKの朝ドラ『ウェルかめ』などの脚本を手掛けられた方が、「感動する」というのがどういうことなのかを紐解いた内容の本です。

 

 脚本家の方だということで、そうすれば視聴者が「感動する」のかということについては、ある意味専門家ということになるんでしょうけど、必ずしも狙っていたところがスベったり、思わぬところで感動を読んだりということで、必ずしも100%の成功法則は無さそうで、というのも「感動」というのが人それぞれツボが違うということもありそうです。

 

 とは言いながら多くの人の感動を呼ぶということもあって、ある程度共通項的なモノがあるのではないかということで、心理学者の方の研究を引き合いに出して、突き詰めると、

  「驚き」

  「達成」

  「充足」

  「回帰」

と言ったところに収斂されるようです。

 

 この本では相良さんは上記の4つに加えて「共感」という要素も加えて語られていて、実際にご自身が作品を作り上げていく上でのご経験や、過去の名作と言われる映画などの事例を引き合いに出して「感動」のメカニズムに迫ります。

 

 さらには、「知っている」ことが感動に及ぼす影響についても言及されていて、例えばスポーツなんかで、ある成果を挙げたということに感動を覚えるということはアリなのですが、さらにそれまでの過程でピンチを乗り越えたということを「知って」いたら、より感動が大きくなるということに覚えがある方も少なからずいらっしゃると思うのですが、逆に「知り過ぎて」いると興を削がれるという側面もあり、なかなか難しいところです。

 

 ということで「感動」ということを紐解いてみることがこんなに複雑な要素があって興味深いモノがあるというのはちょっと意外で、かなり興味をそそるモノでした。

 

 

 

 

お金でわかる!ザワつく!日本の歴史/本郷和人

 

 

 昨日に引き続き本郷センセイの小中学生向けの日本史本です。

 

 今回は歴史上のおカネに纏わるトピックを紹介されていて、装丁は小中学生向けになっていて、記載の内容もターゲットに合わせて易し目の記述なんですが、内容自体は割と歴史に詳しいオトナでも、ホーっと唸るようなモノが含まれています。

 

 例えば、戦国時代に1万人の兵を1カ月動員しようと思ったら兵糧だけで何と1億5千万円ものコストがかかるということで、戦争というのはやはりおカネがかかるんだということを改めて痛感させられます。

 

 また加賀百万石として知られる前田家が参勤交代の片道にかかる費用が6億4千万だということで、如何に過重な負担だったかが理解できます。

 

 といったような感じで様々なトピックがおカネを交えて語られることによって、現代との比較など、歴史と自分のキョリを測りながら理解できるということもあり、こういうキッカケで興味が湧くこともあるかも知れませんし、何よりも歴史を人間の生活の積み重ねとして捉えることで、文献の解釈偏重によるムリな歴史の解釈を防ぐという意味もありそうで、こういう分野での歴史の研究が進めば、よりプレーンな歴史の理解が進むんじゃないかという気もしますので、個人的には是非ともこういう研究が進んで行けばいいなぁ、という気がしています。

東大教授が教えるシン・日本史/本郷和人

 

 

 最近、精力的に歴史関連の著書を出版されている本郷センセイですが、歴史を学び始めて、なんかオモシロくないなぁ…と思っている小中学生に向けた歴史への興味を促す著作にも熱心に取り組まれていて、以前紹介した『ざんねんな日本史』同様、この本もそういう趣旨の一冊だと思われます。

 

 『ざんねんな日本史』では日本史上の偉人にフォーカスを当てて、あんな偉人でもこんな残念な側面があったということを紹介されていましたが、この本では教科書に出てくるような歴史上のオモテの事象について、背景となるウラ事情を紹介することで、歴史上の事象を単なる暗記モノのネタとしてではなく、立体的に捉えることによって、より状況を理解し、興味を持ってもらうことや、ありがちなカン違いを避けようという意図もあるようです。

 

 例えば、飛鳥時代奈良時代にかけて律令や都の整備、貨幣の発行など矢継ぎ早に「近代化」の施策が図られているように見えるのですが、その実、単なる制度面での整備に過ぎず、実効性はほとんどなかったようで、特に通貨はほとんど流通しなかったということで、実質通貨が一般的なったのは平安時代末期で、それも自国発行の通貨ではなく、宋銭だったというオチまでついています。

 

 そういう制度面の整備は、ただ単に当時朝貢外交を行っていた中国の王朝であった唐に対する体面に過ぎなかったということで、その後唐が衰えて遣唐使を廃止した後は、貴族層が政治に対するヤル気を失って、かなり荒れたことなども紹介されているところが興味をそそります。

 

 また、大和政権の成立以降天皇家が日本を支配しているように思えますが、概ねその勢力範囲は今の近畿地方より西側だったに過ぎないということも紹介されていて、実質的に中央集権的に北海道・沖縄を除く現在の日本が実効支配されたのは、秀吉の天下統一以降だったようです。

 

 などなど、多少は小中学生が興味を持って聞いてくれそうなネタを盛り込んでおられて、何とかこういうのを入り口に”沼”にハマってくれる子が少しでも出てくるといいですよね!?

文学の読み方/さわやか

 

 

 文学好きでサブカル系の雑誌への寄稿で活躍されているライターの方が、文学へのスタンスについて語られた本です。

 

 「読み方」とありますが、どっちかというと「文学とは!?」という、そもそも文学の在り方について語られた印象が強く、「読み方」を求めてこの本を手に取ったワタクシとしても、「そこそこそこ!!!」と思いたくなるモノでした。

 

 冒頭で又吉直樹さんの『火花』が芥川賞を受賞した際の審査員のコメントや受賞後の著名人の反応が紹介されていて、ノミネート以降そもそも『火花』は芥川賞が対象とする「純文学」なのか!?という議論があったことを記憶していますが、じゃあ「純文学」って何だ!?と思った記憶もあります。

 

 そういう議論というのは『火花』に始まったことでは無く、村上春樹さんのデビュー時にもかなりの議論があったようで、その頃の文壇の反応や結局は授賞を逃してしまう芥川賞の審査員のコメントなどを紹介されていて、当時余りに斬新な村上さんのスタイルに文壇がアレルギーともいえるような反応を示して混乱されている様子を紹介されています。

 

 その混乱というのが、アメリカ文学に範をとったスタイルもさることながら、登場人物の心象風景の深奥を描こうとした従来の日本文学と比べると、どこかそういう部分をはぐらかしたような浮揚感のある姿勢に反発があったのではないかということで、明治以降の「文学」の沿革を紹介されています。

 

 その中で次第に、

  ・「文学とは、人の心を描くものである」

  ・「文学とは、ありのままの現実を描くものである」

という定義が暗黙の裡に形成されていったということで、そういうモノに合致するモノであれば、内容的に作家自身の性体験をセキララに描いた露悪的なモノであっても「文学」とされ、そういう定義から外れたモノを一段低く見る傾向が形成されたということです。

 

 ただ、そういう姿勢が日本文学の閉塞感を招いた部分もあったようで、そんな中で石原慎太郎の『太陽の季節』や村上龍の『透明に限りなく近いブルー』といった”劇薬”に芥川賞を授賞して活性化を図ろうとする動きもあり、結局芥川賞の受賞は逃したものの村上春樹の登場が、上記の文学の定義を大きく揺さぶることになるのですが、その分、文学界が活性化されたのは皮肉なことで、その後さらなる多様化によって文学のすそ野が広がった行ったところを見て、「純文学」というのは結局「錯覚」に過ぎなかったとブッた切っておられます。

 

 昨今ライトノベルケータイ小説といった新たな地平が開かれつつあり、守旧的な方々には眉をひそめる向きもあるようですが、そんな中から文学の新たな可能性を見出す向きもあるようで、ヘタに芸術性を求めるよりも、エンタメ性が強かったとしてもクオリティの高さを求めた方がいいんじゃないかというのには個人的にも賛成で、この本はある意味ちょっと外側からの大胆な視点が功を奏したのではないかという気がします。

一日一生/酒井雄哉

 

 

 天台宗の僧侶で、記録が残っている織田信長比叡山焼き討ち以降で、この本出版当時わずか49人しか成し遂げていない千日回峰行を二度成し遂げた大阿闍梨・浅井雄哉さんが、ご自身の越し方も踏まえて、修行の在り様などについて語られます。

 

 ご自身を割と不器用なキャラだったと話されていて、特攻出撃前に終戦を迎えて以降、職を転々とすることを強いられたり、結婚後わずか2か月で奥さまと死別したりと、不遇を囲われたようですが、導かれるように延暦寺を訪れ、次第に修行の世界に入って行かれたようです。

 

 そんな中で壮絶な修行についても語られていますが、千日回峰行では「不退行」と言われて、途中で辞めることは許されず、自害用の紐や短刀を携えて、修行中は一切座ることもできないというキビシさであるにも関わらず、語り口はフツーの生活について語られているように柔らかで、どこか飄々としたところすら感じさせます。

 

 そういう修行についても、ただただ苦行に取組むというワケではなさそうで、どこか自然と同化しようとするような姿勢が感じられ、そういうことも悟りのひとつの在り方なのかな、という気がします。

 

 そういう自然な姿勢だからこそ、”生き仏”と言えるほどの尊い存在でありながら、身近な信者の方に、もっとエラく見えるようにしないと!?と苦言を呈されるほど親しみのわくお人柄のようで、逆に突き詰めるとそういうキャラになるのかな…とすら思ってしまいます。