愛国論/田原総一朗、百田尚樹

愛国論 (ワニ文庫) 作者:田原 総一朗,百田尚樹 ベストセラーズ Amazon 右寄りの論略とされる百田尚樹さんが、どちらかというとリベラルというか左派的な発言が目立つ田原総一朗の対談ということで、バチバチのバトル!?とも思える顔合わせですが… 百田さん自…

「日本国紀」の天皇論/百田尚樹、有本香

「日本国紀」の天皇論 作者:百田尚樹,有本香 産経新聞出版 Amazon 右寄りの論客として知られる百田尚樹さんに『日本国紀』という独自の史観に基づく通史の歴史書があるそうなのですが、その本の趣旨に沿って、『日本国紀』の編集も手掛けられた有本香さんと…

感動する、を考える/相良敦子

感動する、を考える 作者:相良 敦子 鳥影社 Amazon NHKの朝ドラ『ウェルかめ』などの脚本を手掛けられた方が、「感動する」というのがどういうことなのかを紐解いた内容の本です。 脚本家の方だということで、そうすれば視聴者が「感動する」のかということ…

お金でわかる!ザワつく!日本の歴史/本郷和人

お金でわかる! ザワつく!日本の歴史 (1冊で流れがつかめる!好きになる!) 学研プラス Amazon 昨日に引き続き本郷センセイの小中学生向けの日本史本です。 今回は歴史上のおカネに纏わるトピックを紹介されていて、装丁は小中学生向けになっていて、記載の内容…

東大教授が教えるシン・日本史/本郷和人

東大教授がおしえる シン・日本史 作者:本郷 和人 扶桑社 Amazon 最近、精力的に歴史関連の著書を出版されている本郷センセイですが、歴史を学び始めて、なんかオモシロくないなぁ…と思っている小中学生に向けた歴史への興味を促す著作にも熱心に取り組まれ…

文学の読み方/さわやか

文学の読み方 (星海社新書) 作者:さやわか 星海社 Amazon 文学好きでサブカル系の雑誌への寄稿で活躍されているライターの方が、文学へのスタンスについて語られた本です。 「読み方」とありますが、どっちかというと「文学とは!?」という、そもそも文学の在…

一日一生/酒井雄哉

一日一生 (朝日新書) 作者:天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉 朝日新聞出版 Amazon 天台宗の僧侶で、記録が残っている織田信長の比叡山焼き討ち以降で、この本出版当時わずか49人しか成し遂げていない千日回峰行を二度成し遂げた大阿闍梨・浅井雄哉さんが、ご自身の…

10分で名著/古市憲寿

10分で名著 (講談社現代新書) 作者:古市憲寿 講談社 Amazon 最近は社会学者のワクを超えて幅広く活躍されている古市憲寿さんが、ダンテの『新曲』、紫式部の『源氏物語』、マルクスの『資本論』といった12冊の名だたる古典について、それぞれの研究者にそ…

「右翼」の戦後史/安田浩一

「右翼」の戦後史 (講談社現代新書) 作者:安田 浩一 講談社 Amazon 以前、”知の怪人”佐藤優さんと池上彰さんによる『真説 日本左翼史 戦後左派の源流 1945-1960』『激動 日本左翼史 学生運動と過激派 1960-1972』という戦後の左翼についての歴史を辿った本を…

2020年新聞は生き残れるか/長谷川幸洋

2020年新聞は生き残れるか 作者:長谷川 幸洋 講談社 Amazon 政権中枢にも顔が広く、スルドい予測で知られるジャーナリストの長谷川さんが、新聞を中心とした日本のジャーナリズムについて語られた本です。 安倍政権におけるメディア統制が厳しかったこともあ…

「反日」中国の真実/加藤隆則

「反日」中国の真実 (講談社現代新書) 作者:加藤隆則 講談社 Amazon 読売新聞の中国総局長を務められた方が語る中国の「反日」の内幕をまとめた本です。 この本が出版されたのが2013年で、習近平が総書記に就任したばかりの頃だということもあり、随分と中国…

生き方革命/橋下徹、堀江貴文

生き方革命 未知なる新時代の攻略法 作者:橋下徹,堀江貴文 徳間書店 Amazon 元大阪府知事、大阪市長の橋下さんと堀江さんが、今後の「生き方」について、働き方、お金、居住、学びといった分野ごとに語られた本です。 対談ではなくて、それぞれが各テーマに…

さらば、欲望/佐伯啓思

さらば、欲望 資本主義の隘路をどう脱出するか (幻冬舎新書) 作者:佐伯 啓思 幻冬舎 Amazon この本の著者紹介では「思想家」とされていますが、マルクス経済学の研究者であり、経済思想史や社会思想史などの研究家でもある方が、昨今の社会を取り巻く状況に…

私たちは子どもに何ができるのか/ポール・タフ

私たちは子どもに何ができるのか――非認知能力を育み、格差に挑む 作者:ポール・タフ 英治出版 Amazon 昨今、”親ガチャ”というコトバが取り沙汰されて、親の年収などの格差が子どもの学力の格差に影響を及ぼすことが指摘されるようになり、しかもその格差がど…

野村の遺言/野村克也

野村の遺言 (小学館文庫) 作者:野村克也 小学館 Amazon ID野球で一世を風靡し、2020年に亡くなられた名将野村監督によるキャッチャー論です。 冒頭で、ここ最近、キャッチャー出身の監督が減ってきており、野村監督自身が育てた古田選手や、横浜~中日で活…

逆転の仕事論/堀江貴文

あえて、レールから外れる。逆転の仕事論 作者:堀江貴文 双葉社 Amazon この本は2015年に出版された、堀江さんが選んだ8人の「イノベーター」の経験を通して、来るべき仕事論を語られます。 8人の「イノベーター」というのが、YouTuberのHIKAKINさんだった…

なぜ日本人は怒りやすくなったのか?/安藤俊介

アンガーマネジメントで読み解く なぜ日本人は怒りやすくなったのか? 作者:安藤俊介 秀和システム Amazon アンガーマネジメントという考え方を日本に紹介され、『「怒り」のマネジメント』など多くの著書でアンガーマネジメントを啓蒙されてこられた日本ア…

東大主席弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術/山口真由

東大首席・ハーバード卒NY州弁護士が実践!誰でもできる〈完全独学〉勉強術 (SB新書) 作者:山口 真由 SBクリエイティブ Amazon 東大を首席で卒業して財務省に入省し、退官後ハーバード大学を卒業された弁護士で、ゴージャスな容貌の美女というパーフェクトな…

先生!/池上彰編

先生! (岩波新書) 岩波書店 Amazon 池上彰さんが「先生」というコトバからイメージされることを思うがままに綴って欲しいということで、爆笑問題の太田さんや、教師経験もある乙武さん、痛くない注射針で知られる岡野工業の岡野雅行さん、カンボジアで起業さ…

日本の聖域 ザ・コロナ/「選択」編集部

日本の聖域 ザ・コロナ(新潮文庫) 新潮社 Amazon 書店では販売せず宅配の年間購読のみという形態での出版を続ける情報誌『選択』のコロナ関連の記事を中心にまとめられたモノです。 この雑誌、かなり硬派のようで権力への忖度にまみれた大手メディアでは取…

日本と中国、もし戦わば/樋口譲次

日本と中国、もし戦わば 中国の野望を阻止する「新・日本防衛論」 (SB新書) SBクリエイティブ Amazon 陸上自衛隊で幹部候補の教育も手掛けられていた方が、中国の日本侵攻の可能性とそのシミュレーションについて紹介された本です。 この本は2017年の出版と…

「のび太」という生きかた/横山泰行

ポケット版「のび太」という生きかた 作者:横山泰行 アスコム Amazon 『ドラえもん』の主要キャラでダメキャラとされる「のび太」を範に取った成功法則本というなかなか斬新な切り口の自己啓発本です!(笑) 作者の横山さんは教育学を専門にされているので…

日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ/安倍晋三、百田尚樹

日本よ、世界の真ん中で咲き誇れ 作者:安倍晋三,百田尚樹 ワック Amazon 先頃、参院選の応援演説中に大和西大寺駅のロータリーで銃撃を受け急死した安倍元首相が、2012年にふたたび首相に返り咲いた当初の百田尚樹氏との対談を中心としてまとめられた安倍氏…

地球、この複雑なる惑星に暮らすこと/養老孟司、ヤマザキマリ

地球、この複雑なる惑星に暮らすこと 作者:養老 孟司,ヤマザキマリ 文藝春秋 Amazon 養老先生とヤマザキマリさんの対談ってことですが、どんなモノになるんだろう…とちょっと想像がつかなかったのですが、とりあえず興味をソソられるので手に取ってみました…

どんな人でも頭が良くなる世界に一つだけの勉強法/坪田信貴

どんな人でも頭が良くなる 世界に一つだけの勉強法 作者:坪田 信貴 PHP研究所 Amazon 『ビリギャル』で知られる坪田センセイが、ご自身が主宰する坪田宿でも実際に指導されている勉強法を紹介した本です。 坪田センセイは、塾生が入塾される時に「9タイプ診…

子どもたちの未来を考えてみた/乙武洋匡

子どもたちの未来を考えてみた 作者:乙武 洋匡 PHP研究所 Amazon 昨日に引き続き乙武さんの著書です。 先ごろの参議院選挙で、紆余曲折を経ながら国政に立候補したモノの、残念ながら当選はならなかった乙武氏ですが、この本が出版された2014年当初も再三政…

大人になるための社会科入門/乙武洋匡

大人になるための社会科入門 作者:乙武 洋匡 幻冬舎 Amazon 『五体不満足』の乙武洋匡さんが小学校のセンセイをされていた時に出版された、活きた”社会科”について取り上げた著書です。 ”社会科”と言っても、学校で教えられているような内容とは異なり、環境…

朝鮮半島という災厄/ケント・ギルバート、遠藤誉、高永喆ほか

朝鮮半島という災厄 作者:ケント・ギルバート,遠藤 誉,高 永喆 宝島社 Amazon トランプ大統領在任時で、文在寅大統領就任直後という時期だった2017年に出版された朝鮮半島情勢に関する本です。 その後、文在寅大統領が積極的に北朝鮮との融和を図り、トラン…

ブレイン・プログラミング/アラン・ピーズ&バーバラ・ピーズ

自動的に夢がかなっていくブレイン・プログラミング 作者:アラン・ピーズ,バーバラ・ピーズ サンマーク出版 Amazon 今までも何冊かヨメが読んでいた本をヨコから拝借して手に取った本を紹介してきましたが、この本もヨメがメンターさんから紹介されたモノだ…

なぜ日本語はなくなってはいけないのか/齋藤孝

なぜ日本語はなくなってはいけないのか 作者:齋藤 孝 草思社 Amazon 『声に出したい日本語』で世に知られるようになった齋藤センセイのいわばライフワークとも言える日本語の啓蒙活動の一環の一冊です。 「日本語がなくなる」というのも、ちょっと極端な危機…