読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

女子の本懐/小池百合子

 

女子の本懐―市ヶ谷の55日 (文春新書 602)

女子の本懐―市ヶ谷の55日 (文春新書 602)

 

 

 小池東京都知事がかつて務められた防衛大臣を辞任した後に書かれた本です。

 防衛大臣としての日々を、日経形式で綴られている内容で、かなり興味深いもので楽しく読めたのですが、中身が濃くて意外と読み切るのに時間がかかりました。

 結構「今だから話せる」的な個人的な感想も漏らされているのですが、政治家の回顧録にありがちな、やたらと自身の成果をひけらかすことに終始するのではなく、元ニュースキャスターとしての性がそうさせるのか、どこか客観的というか、突き放したような語り口が印象的です。

 当時、女性初の防衛大臣就任ということで話題をまいた小池さんでしたが、その後収賄で逮捕されることになる事務次官との人事関連の軋轢が原因で、わずか55日でその職を辞することになりました。

 東京都知事としての地位もまた、守旧派との闘いの構図となっているようですが、今回もまたシガラミに屈するのか、公約で抱えている通りのクリーンな都政を実現することができるのか注目されるところです。