読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか/柴山政行

 

半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか―お金は裏でこう動く

半分売れ残るケーキ屋がなぜ儲かるのか―お金は裏でこう動く

 

 

 公認会計士の方が、おそらくビジネスパーソンをターゲットにして書かれた、会計をテーマにした本です。

 日本を代表する企業の会計面での体質や、スポーツ選手の懐具合を探るなど、一般的なビジネスパーソンが興味を持ちそうなトピックについて、会計的な観点から語るというモノで、読み物としてはオモシロいんですけど、これで会計的なモノの見方ができるようになるかというと、理論的なモノをほとんど盛り込んでないので、難しいんじゃないかな、という気がします。

 確かに、理論的なことを盛り込んだ時点で、興味を殺がれる読者が多いと言うことは理解できますが、ただ会計っぽい話の本を読んだからって、会計のセンスが高まる訳ではないところが、悩ましいところですね…